森永酪農販売株式会社 和牛 酪農 受精卵 もとじろう 飼料

森永 和牛 酪農 受精卵 もとじろう 飼料 求人 森永酪農販売株式会社

HOME > 商品情報 > 搾乳用配合飼料

搾乳用飼料

  • 健康な乳牛の飼養管理のために

    ○ 搾乳用配合飼料『森永デーリィシリーズ』
    ○ TMR専用配合飼料『森永TMシリーズ』

    乳牛の健康管理、連産性、生涯乳量を重視して配合設計いたしました。

    森永酪農販売は、乳牛の産次数の改善を提案します。

  • 特長1 地域ごとに適正な炭水化物のバランスを設計

    国内酪農の粗飼料事情は地域毎に様々ですが、乳牛用飼料はあまり変わっていません。
    どの地域でもトウモロコシを主要な穀物原料とする高デンプン質・高エネルギー飼料が多い現状にあります。このことは乳量の伸張には貢献しても週産期病やアシドーシスの危険性を高めることも危惧されます。
    このような高デンプン質給与を避けるため、地域毎に、粗飼料との組み合わせを考慮して、給与飼料の炭水化物バランスを適正に保つよう配合設計しました。

  • 特長2 ライブイーストの使用

    酵母を直接添加することは、これまで不可能でした。酵母が牛の消化管に届くまでに死滅したからです。しかし、生きた酵母をルーメンに届けることが可能になりました。酵母は、ルーメン内で容易に分解される炭水化物を、優先的に利用し、急激な酸性化を抑制します。
    そのことは、ルーメンに居住する多くの種類の微生物全体に良い影響をもたらします。多くの試験データが、ルーメンの環境改善を示しています。

  • 特長3 ビタミンの設計

    油性のビタミンであるビタミンA、D、Eは、良質な粗飼料の給与により大部分が補充されますが、粗飼料の品質等により、粗飼料からの供給が不安定になった場合でも、「NRC2001」および「日本飼養標準2006」の両方の要求量を充足できるよう配合設計しています。

  • 特長4 マクロミネラルの設計

    カルシウム・リン・カリ・マグネシウム・ナトリウム・塩素などの多量ミネラル(マクロミネラル)はNRC2001の要求量を基準に、飼料原料中の含量や粗飼料中の含量を勘案し、配合飼料への添加量を設計しています。

  • 特長5 微量のミネラルの設計

    コバルト・銅・ヨウ素・マンガン・亜鉛・クロムなどの微量ミネラル(マイクロミネラル)は、NRC2001の要求量を基準に、飼料原料中の含量や粗飼料中の含量を勘案し、配合飼料への添加量を設計しています。
    マイクロ・ミネラルは、全ての生理代謝に密接に関係していますが、粗飼料中の存在は極めて不安定です。

  • 特長6 微量ミネラルの有機化

    NRC2001の要求量を超える微量ミネラルである銅・亜鉛・マンガンは、吸収率の高い有機ミネラルの形で加えています。具体的には、NRC2001の要求量までを無機ミネラルで、NRC2001の要求量を超えるレベルを有機ミネラルで強化しています。